人気ブログランキング |

<   2009年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

ネーベルホルン杯、Art On Iceの記事

懸賞 2009年 09月 27日 懸賞

ネーベルホルン杯についてのArt On Iceの記事をまとめてご紹介します。

SP後の9/24付けArt On Iceの記事より抜粋。

復帰第一戦で即座にランビエールが指揮権を持つ
ランビエールは、ロッシーニの魅力的な音楽「ウィリアム・テル」による新しいプログラムを披露した(そしてかなり可能性の高いことだが、もしオリンピック出場権を得れば、まさにスイスのヒーローとなるだろう)。
4回転で転倒、予定していたコンビネーションジャンプ、2Aと3Fなど、まだジャンプの調子は整っていないような印象だったが、プログラムは最高の振り付けだった。彼の演技はいつものように力強く、強い感動を呼び起こすもので、いつものようにPCSでは他の選手を圧倒した。77.45点は彼のパーソナル・ベストを下回ったが、これは彼の復帰後第一戦なのだ。


FS後の9/26付けArt On Iceの記事より抜粋。

ランビエール、観客を魅了する
ステファン・ランビエールその人がいなくて淋しかった。独特の滑り、身体全体を調和させた動き、観客を引き込み、誰もがその時自分がどこにいるのかを忘れるような彼の芸術・・・。復帰が大いに待たれ、熱狂的な観客たちをがっかりさせることはなかった。
スイス人は勝利にこだわり、観客を熱狂に引き込もうとしていた。氷上に降り立った時、動作の一つ一つに喜びを表現し、結果は納得のものだった。優勝、そしてバンクーバー行きが確定したのだ。
ランビエールは232.36、2位のロシアのイワン・トレチャコフに約30ポイントの差をつけて勝った。
彼のタンゴは本当にすばらしい振り付けだったので、シーズン開始直後の不正確な部分を許容させるほどだった。3Aは跳ばず、ルッツは単独になったし、3Sも不正確だった。しかし、その他の点においてはまさにステファンだった。4T+2T+2Tのコンビネーションから入り、スピンやステップ・シークェンス、力強さの点ではすばらしかった。

「試合に戻ってきたことに本当に興奮しています。18ヶ月ぶりの試合だったので、少し緊張していましたが、18ヶ月試合から離れていたことによって、スケーターとして、そして人間としても成長することができました。自分の出来に満足しています。もちろん、もっとクリーンなプログラムを滑りたかったし、3Aも成功させたかったのだけど。
ここに来てくれた大勢のファンの皆さんには本当に感動しました。自分自身のために、そしてファンの皆さんのためにも上手く滑りたかったのです」

by ciao_firenze | 2009-09-27 13:07 | フィギュアスケート

ランビエールのロシア語インタビュー

懸賞 2009年 09月 27日 懸賞

ネーベルホルン杯後のランビエールのロシア語のインタビューが9/26付けchampionat.ruに掲載されました。
もともとが英語インタビューなのかもしれませんが、ということで、ecoさんのブログで日本語訳を紹介してくださっています。

引退のきっかけとなった痛みはもう克服したとのこと。7月の復帰宣言の時にも、4月のカナダでの理学療法士との出会いが復帰のターニング・ポイントとなったと語っていました。
GPSに出場しないのは、ファンとしてはちょっと残念ですが、でも余裕の日程の方が、じっくりと欧州選手権、そしてオリンピックへの準備ができるので、喜ばしいことですね。

by ciao_firenze | 2009-09-27 12:16 | フィギュアスケート

ランビエール、オリンピックへ!

懸賞 2009年 09月 26日 懸賞

9/25付けLe Matinの記事です。

昨日、ランビエールはほぼ完璧に近い演技をし、合計232,36点でネーベルホルン杯で優勝した。

ウォーミングアップの直前、熱狂を秘めたランビエールは、しかしとても穏やかに、会場の半分、小旗で飾られた観客たちの心をもぎ取るためにリンクに降りた。そこにステファン・ランビエールの喜びがあった。おそらく彼がリラックスしていたのは珍しいことだったかもしれない。彼のアストル・ピアソラのタンゴは、ショーで壊れてしまったのだろうか?いやいや、すばらしい!リンクは大成功の雰囲気だった。

4分とちょっとの美しい演技の終了時には、芸術家の顔には微笑が浮かんでいた。メダル獲得を目指しバンクーバー・オリンピックに出場することになった。そうこうするうちに、風のように吹き鳴らされるロッシーニの有名な音楽による新ショート・プログラム「ウィリアム・テル」の練習に取り掛かることになるだろう。
(訳注:以下の部分、意味不明のため略)de le peaufiner, de bien se familiariser avec, même s'il fait déjà corps avec ce héros qui n'est pas jaloux du patineur.

このタンゴはすばらしい。
「ステファンの演技はすばらしかったわ」
大急ぎで息子に会った彼の母親は語った。

「これまでの状況を見てきたところによれば、彼の演技には満足している」
いつも控えめなコーチのペーター・グリュッターも語っている。
「コンビネーション・ジャンプが1つ抜けたのと、最後の方でスピードがちょっと落ちたが、まだ練習段階にあるということから考えれば、それは普通のことですよ」

ランビエールが演技に入る前から、多くの観客たちは息をひそめて見つめていた。演技終了後、彼らは自然に立ち上がり、人々は心をつかまれた。スタンディング・オベーション!
「ここ数週間の練習で得たものすべてを表に出すことが目標でした。プログラム全体を通してほとんど問題はありませんでした」

ただトリプル・ルッツだけが、このシーズン序盤には問題のようだ。
「エレメンツもジャンプも大丈夫です」
ランビエールは4-2-2のコンビネーション・ジャンプを成功させた。

このタンゴを作ったのは?偉大なフラメンコ・ダンサーのアントニオ・ナハロと一緒に練習した。
「でも振り付けをしたのは僕なんですよ。この楽曲は僕にぴったりで、僕にふさわしいと思います」

バンクーバーへの道はできた。ウィリアム・テルのランビエールはもうすでに靴を履き、表彰台のより高い位置を目指す。それが彼の生きる目標なのだ。

by ciao_firenze | 2009-09-26 16:09 | フィギュアスケート

ランビエールのFS

懸賞 2009年 09月 26日 懸賞

FSのタンゴ「ブエノスアイレスの秋」の動画です。

DOIなどのショーで着ていた紅葉の散った黒いスーツに七三分けで来るかと思ったら、さっぱり系の衣装ですね。
4-2-2が決まっているし、くねくねステップやスピン、そして演技中にリンクサイドで見つめているペーター先生とサロメさんの姿、3人でのKiss & Cryを見ると、本当に試合に戻ってきたんだなぁ、と実感します。
ところで、この大会のフラワー・ガールたちは、スケート靴ではなくて運動靴でリンクに降りて花やプレゼントを拾っていますね。ちょこちょこ歩く姿がかわいい。

by ciao_firenze | 2009-09-26 15:13 | フィギュアスケート

バンクーバー出場決定!

懸賞 2009年 09月 26日 懸賞

ステファンはネーベルホルン杯で優勝し、バンクーバー・オリンピックへの出場権を獲得しました。
男子総合結果
SP結果SPプロトコル
FS結果FSプロトコル

FSでは4T-2T-2T、3F-3Tも決めて、PCSもすべて8点台という高得点での優勝です。
アクセルはダブルしか跳んでいないということは、やっぱり課題は3Aということになるのでしょうけど、とにかく出場権を得られて、まずはスタート・ラインに立てた、ということでしょう。おめでとう!

by ciao_firenze | 2009-09-26 10:39 | フィギュアスケート

SP終了後のランビエールのコメント@Le Matin

懸賞 2009年 09月 25日 懸賞

9/24Le Matin記事です。
ズルしてフランス語→イタリア語に直してから訳したので、間違っている箇所があるかもしれません。

氷の上でスピードアップした

4回転の転倒にもかかわらず、ステファン・ランビエールはロッシーニの「ウィリアム・テル」の音楽で滑り、とても質の高いショート・プログラムを疲労した。なんと難しい振り付けであることか!まさにオリンピックにふさわしいプログラムである。

4回転で転倒してしまった。そして?その後は本当に目がくらむようなすばらしい演技だった。ロッシーニの「ウィリアム・テル」の音楽で滑っているステファン・ランビエールは、すでにウィリアム・テルその人になりきっていた。
「彼と同じぐらい正確だよ」
ヴァレー人は言う。7月にスイスの英雄と出会って以来、このSPをオーベルスドルフで演じるために、彼は毎日練習を重ねてきた。
「振付師のサロメ・ブルンナーと一緒に、夜練習したんだ。まるで夜の男みたいにね」

ランビエールはこのはつらつとした楽曲を踊り切った。長く続く快活な始まりを知らせるトランペットが風のように吹く鳴らされた時、ランビエールは音楽に合わせてそれほど複雑ではなく美しい一連の動きで、一陣の風のように切り裂き、体で表現し、自分の復活を喜ぶかのようなジェスチャーを加えた。

心から湧き上がる想いのみならず、彼は再び才能を見せつけた。
「フィギュアスケートで一番大事なことの一つは、音楽、あるいは音楽性です。僕は氷上でスピードを上げました。上手くやりたかったのです。ショーでもいつもアドレナリンが出ました。質の高いものを演じたいと思っています。人々、観客、周囲の人たち、そして友だちのために・・・」

ランビエールの復帰戦となったこの試合の審判たちは、彼のプログラムに正当な評価をつけた。合計点は77.45点。(2007-2008シーズンの)GPFで出した83,80というパーソナル・ベストに近い。これはご祝儀点だろうか?復帰した2回の世界チャンピオンに対する評価としては、そうとも言えない。
自分の責任でフィギュア界にカムバックした彼は、誰も恐れていない。
「復帰に関わるすべてのことがみんなすばらしいです。つまり、僕は試合が好きだということ、そしてそのための練習は恐れないということで、僕はフィギュアというスポーツを愛しているということです」

新しいSPの衣装は?明るいポイントのついた茶色だ。
「以前アーサー王とライオンキングの衣装を作った衣装担当の作品です。ちょっと伊達男風でしょ(笑)。チューダー朝のヘンリー4世からインスピレーションを得たんです。農夫風のスタイルです。ウィリアム・テルの日曜日の衣装ってところかな」

今日、ランビエールはフリープログラムを滑る。アストル・ピアソラのタンゴだ。そしておそらく、2010年バンクーバーオリンピックへの出場権を得るはずだ。

追記:
TSUGUMIさんのブログでこの記事の訳が紹介されています。
なお、ヘンリー4世はチューダー朝ではなくて、その前のランカスター朝の出のイングランド王だそうなんですが・・・。

by ciao_firenze | 2009-09-25 19:03 | フィギュアスケート

ステファンのSP

懸賞 2009年 09月 25日 懸賞

ネーベルホルンのステファンのSP、「ウィリアム・テル」の動画が上がってきました。

アクセルはダブルだし、4Tは転倒してしまいましたが、くねくねした動きがステファンらしいですね。
有名なファンファーレのフレーズからSlstに入り、最後は2度の高速スピンで締め、という想像通りのプログラム構成でした。全体にシマウマ以来の久しぶりのハツラツ系でいい感じ。
衣装は袖や脛がナゾの素材だけど、スイスの伝説の英雄らしい中世っぽさが出ていますね。

これからどんどん滑り込んで、いいプログラムになっていくであろうことが楽しみです。

by ciao_firenze | 2009-09-25 17:37 | フィギュアスケート

ウォーキング1ヶ月報告

懸賞 2009年 09月 25日 懸賞

8/24から一念発起して始めたウォーキングも1ヶ月過ぎました。
ウォーキングでは1日10,000歩以上、普通の生活も含めて1日で合計12,000歩以上、平均時速5km/h以上で距離にして1日8kmは歩くことを目標にしました。
この間お休みしたのは、台風が来た日と、外出して時間が取れなかった2日の合計3日間のみ。
総合計歩数は34日間で413,000歩強、総合計距離は290km、バーチャル日本地図で東京を出発し、千葉、茨城、栃木を越え、もうすぐ福島に到達します。

最初のうちは右足の中指の骨が痛くなって大変でしたが、それもモートン病対策のインソールを入れたら解決。

またつい一昨日は、いつもの靴でいつもの距離を歩こうとしたのだけど、10分も歩いたら向こう脛の横の筋肉がバキバキに張り、通常のコースの半分でリタイアというトラブルに見舞われました。
昨日の朝も同じ症状になったのだけど、調べてみたところ、どうやら向こう脛の横の前脛骨筋に負担がかかっているらしいとのこと。特に下り坂で、無意識のうちにかかと着地ではなく、つま先の方から着地してしまったり、そこにねじりの運動が加わると、前脛骨筋があっという間に張ってしまって歩けなくなる、とのことでした。

前脛骨筋は、足首を持ち上げる大事な機能があり、ここが衰えるとどこかに引っかかったりつまづいたりしやすくなります。
普段のウォーキングでも意識してかかと着地をしていれば前脛骨筋を鍛えることができ、足を引きずったり、すり足になったりすることがなくなるようです。
お昼過ぎにかかと着地を意識してゆっくり歩き始めたら、今度は大丈夫で、通常コースをクリアできました。
とにかく、中指の骨を傷めないためにも、前脛骨筋を鍛えるためにも、トラブルなくスムーズにすいすい歩くためには、かかと着地が大原則!ということを改めて肝に銘じたというわけです。

で、肝心のウォーキングの効果ですが、体脂肪はマイナス3%、体重はマイナス1kg~1.5kg、腹囲もマイナス1cmと、目に見える結果が出ました!
体重も腹囲もまだまだこれじゃあ誤差の範囲にも思えますが、普通に食べた後でも1ヶ月前の体重よりも少なくとも1kgは明らかにマイナスですし、たらふく食べた後でも、1ヶ月前の体重には戻らなくなりました。
グラフや地図で、日々の結果が目に見える歩数計のおかげがかなり大きいです。
まだまだ目標到達まではありますが、毎日楽しく歩けたらいいな。

by ciao_firenze | 2009-09-25 13:06 | ウォーキング

ランビエール、SP首位発進

懸賞 2009年 09月 25日 懸賞

ネーベルホルン杯SPが終了し、ステファンが77.45で首位となってます。
4回転は失敗したようですが、PCSが結構出ています。
SP結果

明日も4回転に挑戦するようです。Allez~!

by ciao_firenze | 2009-09-25 00:30 | フィギュアスケート

いよいよNeberhorn Torophy

懸賞 2009年 09月 24日 懸賞

オリンピック出場枠をかけたネーベルホルン杯の男子がいよいよ今日の現地時間夕方から始まります。
ステファンは第5グループの5番滑走。SP滑走順
FSのタンゴでは4回転も入れてくるらしいです。ああ、ドキドキ。がんばれ~!

by ciao_firenze | 2009-09-24 20:46 | フィギュアスケート