人気ブログランキング |

<   2008年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

よいお年を

懸賞 2008年 12月 31日 懸賞

2008年ももうすぐ終わりです。
2000年に開設したサイト『Firenze美術めぐり』で長年使ってきた掲示板のサービスが停止になるのを機に、このexiteのブログを始めました。
イタリアの美術や歴史、サッカー、読んでいる本などのことを好きに書くつもりが、やはりここ2年ほどはまっているフィギュアスケート関連の記事が一番多くなりました。
それを機に、これまで何年もお付き合いしていただいてきたお友だちだけでなく、多くのフィギュア関連の方とも新たにお知り合いになれたのは、うれしい収穫でした。

フィギュア関連で個人的に一番の大ニュースは、言うまでもなくステファンの引退です。コンペの舞台から退いたのはとても寂しいですが、それでもまだまだショーで彼の滑りを見られるのはうれしいです。
そして、ステファンがいなくなっても競技としてのフィギュアに対する興味が薄くなるどころか、他にも応援したい選手がたくさん増えてきました。
観戦したのは、6月のDOI、9月のCOI、11月のNHK杯、12月のMOIですが、その機に多くの皆さんともお会いできて楽しかったです。

フィギュア以外の今年の私のポイントは、ロシア語。
そもそもは去年の秋から読んでいた『カラマーゾフの兄弟』の読破をきっかけに、ロシア語をやってみようかな、と思ったのがきっかけですが、セリョージャことセルゲイ・ヴォロノフを応援し始めたのも大きな要因です。
「ルネサンスの友」「サッカーの友」だったアヤコさんと「ロシア語の友」ともなり、4月からNHKのラジオ講座に取り掛かりました。
慣れ親しんだイタリア語とは全く違うなじみのない単語や見たこともない文法的約束事など、噂に違わぬ難しさ。
それでも5月には全編ロシア語の映画『ラフマニノフ』を見に行って、10個ぐらい(笑)単語や言い回しがわかって大感激。7月に『チェブラーシカ』を見たら、もうちょっとわかる単語が増えていて、かたつむりなりの進歩を実感しました。
秋にはついに初心者向け辞書を購入し、無謀とは知りつつもヴォロノフのインタを中心にぼちぼちロシア語の原文に触れる機会を増やしていきました。
まだまだ未熟もいいところですが、来年はもっとロシア語がわかるようになりたいなぁ、と思います。

そういえば、今年は6月末からハワイに行ったのですが、このブログになってからはどこにも行っていないので、いまだにブログのカテゴリーに「旅行」がない状態です。
イタリア旅行も2006年が最後なのでそろそろ行きたいところです。サーチャージも下がり、えうろも安くなった今こそチャンスなんでしょうけど、今度は経済的に厳しさが(>_<)

というわけで、今年もお世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

by ciao_firenze | 2008-12-31 23:31

ロシア選手権優勝後のヴォロノフのコメント

懸賞 2008年 12月 31日 懸賞

遅くなりましたが、allsport.ruに載った、ロシア選手権2連覇を果たしたヴォロノフのコメントを訳しました。
またちょっと意味不明のところがありますが、なんとか年内駆け込みで終わりました。

Сергей Воронов: честно признаюсь, к чемпионату я подошёл не в лучшей форме
正直に言うと、ロシア選手権では体調は万全ではなかった


Сегодня, 27 декабря, на чемпионате России по фигурному катанию в Казани победителем турнира мужчин второй год подряд стал Сергей Воронов из Санкт-Петербурга. Своими эмоциями Сергей Воронов поделился со специальным корреспондентом Агентства спортивной информации «Весь спорт».
今日12/27、カザンで開催されていたフィギュアスケートロシア選手権男子シングルは、サンクト・ペテルブルクのセルゲイ・ヴォロノフの2連覇となった。セルゲイ・ヴォロノフは«Весь спорт»にその喜びを語った。

«Хочу сказать спасибо Казани и казанскому льду, - начал Сергей Воронов. - Спасибо всем, кто болел за меня, поддерживал, держал скрещенными пальцы.
「僕はカザンとカザンの氷(リンク)に感謝したいです。僕を応援してくれたファンの人たち、支えてくれた人たち、(勝利を祈って)指をクロスしてくれたすべての人たち、ありがとう。

Откатал я сегодня неплохо. Никаких сенсационных прыжков не делал, да я и не умею их делать.Главное, что я вышел на лёд, сумел собраться с силами и исполнить все сложнейшие элементы.
На соревнованиях я катаюсь лучше, чем на тренировках. На тренировках мне бывает лень, неохота, а на старте я знаю, за что сражаюсь, и поэтому максимально концентрируюсь на программе.
今日はうまく滑れました。どんなセンセーショナルなジャンプもしませんでした。そう、僕は跳ぶことはできなかったのです。(訳注:ルッツ・ジャンプを跳べる状態ではない、ということのようです。)でも、僕はリンクに降りたら集中力を出し、複雑なエレメンツをこなすことができました。これが大事なんですよ。
試合ではいつも練習よりうまく滑れます。普段から練習は億劫で、いやいやながらやっていますが、試合では僕は何と戦うべきかわかっているので、プログラムに最高に集中することができます。


Сразу после завершения выступления меня начали поздравлять с победой, но я всех осаживал. Рано ещё было, не стоит недооценивать соперников и обижать их таким отношением. Каждый фигурист из сильнейшей разминки мог стать чемпионом. Вот теперь поздравления уже принимаю (смеётся).
演技が終わったらすぐに、人々は僕に勝利のお祝いを言い始めましたが、ちょっと待って、まだ終わっていませんよ。僕はすべてをチェックしました。(喜ぶには)まだ早かったのです。ライバルたちを過小評価して、その態度で彼らを怒らせるわけにはいきませんでした。最終グループのスケーターたちは、チャンピオンになれる可能性があります。
ほら今はもうお祝いの言葉を受け入れますよ。(微笑む)


Честно признаюсь, к чемпионату я подошёл не в лучшей форме. И самое главное для меня – что я сумел собраться и выжать из себя всё по максимуму. Я катался на грани возможностей. Собраться и физически, и морально.
正直に認めますが、僕はロシア選手権に最高のコンディションで臨んだわけではありません。そして僕自身にとってもっとも大事なことは、集中して自分自身のすべてを出すことができたということです。僕は集中し、肉体的にも精神的にもできるだけのことをして滑りました。

Вы ведь понимаете, нельзя полностью абстрагироваться от ситуации, забыть, что ты лидер, что было в прошлом году, на что рассчитываешь в этом. И один из самых сложных моментов – переступить бортик и выйти на лёд свободным от всех предрассудков, начать с чистого листа.
だってそうでしょう?状況から完全に自分を抜き取ることはできないですよね。自分がトップだということ、去年トップだったこと、そのことで何を期待されているかということを忘れることはできませんよね。
そして一番難しい瞬間のうちの一つは、リンクサイドの壁を踏み越え、すべての先入観から自由になってリンクに降り、まっさらな状態で始めることです。


Складывался чемпионат непросто. В короткой программе я неудачно выехал с тройного акселя и вечером того же дня почувствовал боль в задней поверхности бедра правой ноги. Сегодня было тяжеловато исполнять маховые прыжки – аксель, сальхов…
選手権でうまくまとめることは簡単ではありません。ショートプログラムでは、僕はトリプルアクセルの踏み切りがうまくいきませんでした。そして夜に右脚の後ろの表面に痛みを感じました。今日はアクセルやサルコウなどのトウジャンプを跳ぶのはきつかったです。

Спрашивали: есть, над чем работать накануне чемпионата Европы. Знаете, это странный вопрос. Если даже Евгению Плющенко всегда было, над чем работать, мне и подавно – есть».
ヨーロッパ選手権を控えてに練習していることはあるのかと聞かれました。これはおかしな質問ですよね。エフゲニー・プルシェンコですらいつも練習していたことがあったのです。ましてや僕にだって(練習していることは)ありますよ。

追記:赤字部分訂正しました。ecoさん、ありがとうございますm(__)m

by ciao_firenze | 2008-12-31 22:42 | フィギュアスケート

セルゲイ・ヴォロノフ、優勝後のインタビュー

懸賞 2008年 12月 30日 懸賞

sport.gazeta.ruに載ったヴォロノフの優勝後のインタビューをecoさんがご自身のブログで紹介してくださっています。

その中で印象に残った言葉。
氷の上では4分半の間に一生を生きる必要があります。これがもし巧くいけば、プログラムがただのジャンプとスピンとステップのセットに見えることはありません。

現在の採点方式では、「4分半という限られた時間の中にたくさんの決められたエレメンツを詰め込んでうまくこなすこと」が良しとされているかのようですが、それだけでなく、「一生を生きる」ということを目指しているあたりは、ステファンなどとも相通じるものがあるなぁ、と思いました。

新SP『ゴッド・ファーザー』



FS『ピアソラのタンゴ』


by ciao_firenze | 2008-12-30 11:23 | フィギュアスケート

メダリスト・オン・アイス@長野

懸賞 2008年 12月 29日 懸賞

ステファン出演が決まってからも、年末だし、長野だし、と行かないつもりだったのだけど、長野在住の身内からスポンサーチケットが回ってきて、急遽1泊の遠征が決定。

長野は、生まれて初めてのコンペ初生観戦となった2006年のNHK杯以来。
全日本を皆勤賞で観戦していたびあんかさんから、雪情報をいただいて、かなり防寒対策をして出発。今回は帰省時期なので、行きだけは10:24発の指定席を押さえておいたのですが、東京駅についたら車両トラブルで午前中の長野新幹線は全部運休とのこと。
代替ルートは新宿から特急あずさで松本へ、松本から特急しなので長野へ、と指示されたのだけど、これが正味4時間、想定所要時間の2倍以上。
もともと時間的にはかなり余裕があったため、即効で新宿に行ったらすぐにあずさの臨時列車に乗れ、思いがけず、初めての中央本線での旅となりました。
私たちが新宿からあずさに乗り込んだころには新幹線も運転を再開したという情報も入り、しくじったと思ったし、松本から乗り換えた特急しなのの自由席は満席で1時間立ちっぱなしで疲れたけど、再開直後の新幹線はかなり混んでいたようなので、どっちもどっちだったか。

というわけで、到着まで一仕事でしたが、MOI会場には16時過ぎに到着。道路の雪はほとんど融けていて支障なし。でも外気温はかなり低く寒風吹きすさぶ中、入場待ちの列が相当長くて大変でしたが、会場内は思っていたよりも暖かくて一安心。席はロビーからすぐの2階C席で、ジャンプコーナーが目の前でとても見やすかったです。

以下、個人的に印象に残ったことをいくつか。
ゲストだけどまずはステファン。
1部ではおなじみ『ロミオとジュリエット』。ジャンプもスピンも現役時代と遜色なく、脚の調子も悪くなさそう。これで本格的に戻ってきたら、本人も言っているように、ショーでも4回転を跳んできそうな感じでした。
2部では今シーズンの新FSとなるはずだったピアソラの『ブエノスアイレスの秋』を、ナハロさんとの共演で。衣装は初お目見えだった10月のGolden Skate Awards@ミラノの時よりも散らした紅葉の数が増えていた?フラメンコと同様、リンク中央のお立ち台でナハロさんが踊り、途中からシンクロした動きでステファンが登場、というパターン。
ジャンプの時にナハロさんが足踏みをしたり、両手を救い上げるようにしたり、ほとんどの動きがシンクロしていました。
これはもはや濃厚な別世界で「魅せるショープロ」というのが明らかでした。さすがステファン、という思いもある一方、アマチュアとは一線を画すプロになったんだなぁ、と、いろんな意味でしみじみしてしまいました。

ジュニアでは羽生くんがダントツの演技でした。柔軟な体や優雅な動き、さらにはきのこのような髪型もあいまって(笑)、ジョニーを彷彿させ、将来がとても楽しみです。
女子はやっぱり鈴木明子ちゃんのタンゴは何度見てもいい。あの大きな目からほとばしる力は、いつでも観客を引き付けますね。
村主さんのパントマイムのプロもDOI以来何回か見ていますが、定評ある表現力だけでなく、数年ぶりにジャンプが戻ってきているのでは?とDOIで感じたのは正しかったのかな、と思いました。
真央ちゃんはもはや「かわいい」ではなく、本当に女王の貫禄。「ライバルは自分自身」という内容を随所で語るコメントもすっかり大人です。織田くんも相変わらずやわらかい膝と足首を生かした滑りでした。
フィナーレ終了後、男子が4回転に挑戦するジャンプ大会を開始。残念ながら誰も成功できなかったけど、目の前だったので迫力でした。

が、一夜明けた今日もまた、朝から新幹線がシステムトラブルで全線ストップ。
今度はゆっくりお昼過ぎの列車の自由席で帰るつもりだったので、30分ぐらい早めに駅に行ったら、ちょうど3時間10分遅れで運転再開した最初の列車に乗ることができ、結果的には予定通りの時間に帰宅できました。

というわけで、今年の遊び修め、行きは何の呪いかと思うような大迂回を余儀なくされ、帰りもあやうく大混乱に巻き込まれる羽目になりかかりましたが、呪いは無事回避でき、びあんかさん、TSUGUMIさん、レティさんにもお会いできたし、楽しいショーを見られてめでたしめでたし、ですかね。

by ciao_firenze | 2008-12-29 21:32 | フィギュアスケート

ヴォロノフ、ロシア選手権2連覇

懸賞 2008年 12月 28日 懸賞

セルゲイ・ヴォロノフがロシア選手権で2連覇、2年連続ロシアチャンピオンとなりました。
allsport.ru

1. セルゲイ・ヴォロノフ Сергей Воронов 238,68 (FS160,99)
2. アルテム・ボロデュリン Артем Бородулин 206,78 (130,85)
3. アンドレイ・ルタイ Андрей Лутай 196,81 (128,20)
4. ウラジミール・ウスペンスキー Владимир Успенский 194,05 (126,49)
5. アンドレイ・グリアゼフ Андрей Грязев 192,15 (126,13)

今後インタビューが出ると思いますが、明日は今年最後の遠征で留守にするので、明後日以降にご紹介できれば、と思います。

by ciao_firenze | 2008-12-28 00:28 | フィギュアスケート

全日本選手権終了

懸賞 2008年 12月 27日 懸賞

今日の女子、最終Gの戦いはSB更新の嵐で面白かった。
個人的には鈴木明子ちゃんが惜しかった~。
詳細は私などが語るまでもありますまい。

これで今後の各世界大会への派遣選手が決まりました。

世界選手権
アイスダンス: リード姉弟
男子: 織田、小塚、無良
女子: 浅田、村主、安藤

四大陸
アイスダンス: リード姉弟
男子: 織田、小塚、南里
女子: 浅田、村主、鈴木

ユニバーシアード
アイスダンス: 平井組
男子: 南里、町田、大上
女子: 中野、武田、宮本

明日はMOIを見に行きます。
今日、ステファンはナハロさんと一緒に貴賓席にいたとのこと。
フラメンコなのかなぁ?それとも紅葉?『サマータイム』も見たいけど。
鈴木明子ちゃんのタンゴもまた見られるのがうれしい♪

by ciao_firenze | 2008-12-27 23:31 | フィギュアスケート

全日本選手権男子は織田の初優勝

懸賞 2008年 12月 27日 懸賞

全日本選手権は12/26に男子FSが行われ、SP1位だった織田信成選手が首位を守り、初優勝。2位は小塚選手、3位は今季シニアに上がった無良選手。
男子総合リザルト
SP順位表SPプロトコル
FS順位表FSプロトコル

フリーは転倒やジャンプのすっぽ抜けの選手が相次ぎ、それぞれ自分の納得のいく演技というのではなかったようですが、世界選手権に向けて調整をしていってほしいと思います。

by ciao_firenze | 2008-12-27 00:41 | フィギュアスケート

SP終了後のヴォロノフのコメント

懸賞 2008年 12月 26日 懸賞

SPを首位で折り返したヴォロノフのコメントがallsport.ruに載りました。
途中、いまひとつ意味がわからない部分もありますが、わずか1ヶ月前に変更した新しいSPの出来に満足のようです。

Сергей Воронов: музыка Нино Рота сама рассказывает мне, каким я должен быть на льду
ニーノ・ロータの音楽は、僕が氷上でなすべきことを教えてくれる


Сегодня, 25 декабря, на чемпионате России по фигурному катанию в борьбу за медали вступили мужчины. После двух разминок с большим отрывом лидирует чемпион России 2008 года Сергей Воронов, получивший за новую короткую программу, которая была поставлена за месяц до турнира, 77,69 баллов. Впечатлениями от своего проката Сергей Воронов поделился со специальным корреспондентом Агентства спортивной информации «Весь спорт».
12/25に、フィギュアスケートロシア選手権の男子シングルのメダル争いが始まった。1ヶ月前に変更した新しいショートプログラムで臨んだ2008年のロシアチャンピオン、セルゲイ・ヴォロノフが、第2グループ終了時点で、77.69点で大差をつけてトップに立っている。«Весь спорт»のスポーツ特派員に、セルゲイ・ヴォロノフがショート終了後の印象について語った。

«К чемпионату России я подошёл в очень хорошей форме, - заявил Сергей Воронов. - Всё, что я собрал, сконцентрировал внутри себя сейчас – это почти максимум того, на что я в принципе способен на данный момент. Программа, на мой взгляд, получилась, исполнил я её неплохо, правда не обошлось без целого ряда ошибок в хореографии. Об этом мы подробно говорили с постановщиком программы Артуром Дмитриевым, пока ждали оценок в уголке слёз и поцелуев.
とてもいい体調でロシア選手権を迎えました。僕が準備してきたことは、やるべきことに集中することです。現時点で自分が基本的にできるほぼ最大限のことにただ集中し、専念しました。プログラムは僕の見解では、うまく演技できました。振り付けで一連のミスなしに済ますというわけにはいきませんでしたが。振り付けにミスがあったことについては、、振り付けのアルトゥール・ドミトリエフから、キス&クライで得点を待っている間まで詳細に説明を受けました。

Сегодня многие задавали мне вопрос, почему я все-таки решил сменить короткую программу - зачем, да как же, да ведь это такой риск.
Повторю: нельзя катать то, что тебе не нравится. Я не хочу сказать, что в короткой, которую мы поменяли, была плохая музыка, ни в коем случае. Возможно, просто я не способен её понять, оценить, прочувствовать, донести смысл до зрителей и судей.
今日、僕がショートプログラムを変更したのはなぜか、と、多くの人から質問されました。何のために、そう、リスクを冒してまで、と。
繰り返しますが、気に入らないプログラムは滑りたくなかったのです。変更した前のプログラムの音楽がよくなかったとは、決して言いたくありません。たぶん、単にあのプログラムを僕は理解できず、評価できず、感じられず、意味を観客や審判に伝えることはできないでしょう。


В таком случае я буду делать, что я могу и что мне нравится. Слышал отзывы, что мне неплохо удалось вжиться в образ Майкла Корлеоне, передать дух этой истории и этого характера. Признаться честно, книгу я не читал, а фильм смотрел полтора раза (улыбается).
それならば、僕は自分ができること、自分が好きなことをやります。僕がマイケル・コルレオーネの役どころをつかみ、この物語とこのキャラクターの魂を伝えることに成功したという評価を聞きました。でも正直に言うと、僕は『ゴッド・ファーザー』の小説を読んでいませんし、映画も1回半しか見ていないんですよ。(微笑む)

Я просто очень люблю музыку Нино Рота. Она сама рассказывает мне, каким я должен быть на льду. Резюмируя всё сказанное, сюрприз с новой программой удался. Сюрпризы в произвольной? Ну уж нет (смеётся)! Надеюсь, никаких сюрпризов послезавтрашний день мне не принесёт!»
僕はニーノ・ロータの音楽が本当にとても好きなんですよ。彼の音楽は、僕が氷の上で何をやらなければならないかを僕に語りかけてくるんです。要するに、新しいプログラムが成功したことはうれしいサプライズです。フリーにうれしいサプライズはあるかって?さあ、どうかな?(笑)明後日は僕にどんなサプライズもないといいんだけどね!

追記:赤字部分訂正しました。ecoさん、ありがとうございます。

by ciao_firenze | 2008-12-26 15:52 | フィギュアスケート

ロシア選手権男子SP結果

懸賞 2008年 12月 26日 懸賞

ロシア選手権の男子SPは、ヴォロノフが77.69でトップ。新SP『ゴッド・ファーザー』もうまくいったようです。
2位は75.93のボロドゥイン、3位は68.61のルターイ。
以下、結果詳細はこちら

by ciao_firenze | 2008-12-26 12:56 | フィギュアスケート

川口・スミルノフ組は出場

懸賞 2008年 12月 25日 懸賞

ecoさんのブログによると、昨日出た欠場情報は誤報だったらしいです。
どういうわけで誤報が流れたのかよくわかりませんが。

by ciao_firenze | 2008-12-25 23:49 | フィギュアスケート