人気ブログランキング |

カポディモンテ美術館展

懸賞 2010年 07月 14日 懸賞

上野の国立西洋美術館で開催中のカポディモンテ美術館展に行ってきました。同行者は3年前に実際にナポリのカポディモンテ美術館に行ってきた母。

「ルネサンスからバロックまで」という副題どおり、目玉は以下の3点。
カポディモンテ美術館展_f0179663_10571121.jpg
パルミジャニーノ「貴婦人の肖像(アンテア)」

カポディモンテ美術館展_f0179663_10572759.jpg
ティッツィアーノ「マグダラのマリア」

カポディモンテ美術館展_f0179663_10574289.jpg
エル・グレコ「燃え木でロウソクをともす少年」

カラヴァッジョやラファエロは来ていなかったけど、この3作品が展示されているだけでもかなりなものです。

他には、マンテーニャの「ルドヴィコ・ゴンザーガの肖像」、コレッジョの「聖アントニウス」、レーニの「アタランテとヒッポメネス」など。
中でも17世紀初頭、当時では珍しかった女流画家アルテミジア・ジェンティレスキの「ユディトとホロフェルネス」、美しいユディトがホロフェルネスの首を切る場面が、非常に生々しく、衝撃的な作品でした。

さらにファルネーゼ家の家紋入りの食器や時計、小さなブロンズの工芸品、パルミジャニーノやティントレットなどのデッサン画など、細かいけれど貴重な作品が展示されていました。

今回もオーディオガイドを借りましたが、やっぱり正解。作品の横の小さなガイド看板だけだと、流し読みで頭に入ってこないのですが、音声ガイドだとタイミングよく重要な作品の大事なポイントをきちんとつかむことができます。

会場はそれほど混んでいなかったし、ナポリに行ってきた母の話なども聞きながら、じっくり鑑賞できました。本家カポティモンテ美術館は高台の広大なお屋敷で、建物自体は壮麗なのに、庭にはナポリ名物の野良犬(しかも大型猟犬の雑種)がたくさん走り回っているし、ちょうどナポリ市のゴミ問題の最中だったのもあり、静寂と喧騒、富と貧困が対照的で、内と外のギャップが激しい、まさに「混沌の街ナポリ」を思い出したそうです。

今回の展覧会の作品集も結構立派でしたが、私はお土産に買ってきてもらった本家のイタリア語版(パルミジャニーノの「貴婦人の肖像」が表紙)があるのでパス。珍しいことに、今回の展覧会の出品作品のモノクロ写真のみのイタリア語版700円もありました。

by ciao_firenze | 2010-07-14 00:33 | イタリア美術・歴史

<< 『英雄三国志・2・覇者の命運』   Dreams On Ice 2... >>