人気ブログランキング |

ロシア選手権男子SP結果

懸賞 2009年 12月 25日 懸賞

今日から全日本選手権ですが、昨日からロシア選手権も始まっています。オフィシャルサイト
男子シングルはSP終了時点で、プルシェンコがノーミスの100.09という驚異的な高得点で首位。
動画を見ましたが、「アランフェス」もタンゴも全く関係ないあの演技は圧巻(@_@;)

22:30という遅い時間に登場した最終滑走のヴォロノフも、4-3、3A、3Fすべてをきれいに決めた快心の出来で、95.64で2位。3位は84.42のボロデュリン。
SP結果


12/25付けallsport.ruからヴォロノフのコメント。(露→伊翻訳を参考にしているので、間違い等あったらお知らせください。)

実際にこの得点はパーソナル・レコードなんですが、残念ながらISUには記録されません。今日僕は、このショート・プログラムで獲得できうるすべての点を取りました。4回転3回転の連続ジャンプを成功できたことが、何よりうれしいです。そして実際のところ、8つのエレメンツすべてを成功させました。個人的にはすべてクリアーに出来たと思います。正直言って、最終滑走は大変です。否応なく、すべては終わったかのような印象が生じるのに、僕はまだリンクに上がってもいなかったんです。一番難しかったのは、この雰囲気でした。
アレクセイ(ウルマノフ)はたった一言、「戦え」と言いました。この言葉がオリンピック・チャンピオンという優れた指導者から発せられたら、勇気百倍になるでしょう。
フリー・プログラムでは全力を尽くします。戦いのすべてはまだこれから先に残っています。プルシェンコ?僕は彼の演技は見ていませんが、彼の得点を説明する必要はありません。僕は自分のやるべきことをやるだけです。そうすればジャッジが判断するでしょう。


追記:赤字部分訂正しました。ecoさん、ありがとうございました。

by ciao_firenze | 2009-12-25 19:34 | フィギュアスケート

<< 全日本選手権男子結果   『罪と罰 3』 >>