人気ブログランキング |

ランビエール、トロントで合宿開始

懸賞 2009年 07月 31日 懸賞

7/30付けLe Matinにトロントで合宿を開始したランビエールのインタビューが載りました。
自信のない部分もあるので、TSUGUMIさんのブログを是非ご覧ください。


僕は4位になるために戻ってきたわけではない。

トロントで、ステファン・ランビエールは良いアドバイスを受け、理想的なコンディションと雰囲気に恵まれている。フィギュアスケートの世界選手権で2回の王者、オリンピックでの銀メダリストが本当に戻って来た。

「今、目が覚めました。これから練習に行きます」
昨日(7/29)の午後、トロント時間の朝7:30に、競技会からの引退を宣言してから9ヵ月後の7/25に復帰を決めたステファン・ランビエールに電話がつながった。カナダでは47歳のBrian Orser - 1987年の世界チャンピオン、1984年と1988年の2度のオリンピックの金メダリスト - のもとで練習を始めた。
「グループには、今年の世界選手権で優勝した韓国のヨナ・キムもいます」
ランビエールは1日に2回練習をしている。
「こんな調子で練習し、1日の終わりにはフィジオテラピーを受けています」

あなたが復帰を決めた理由は何ですか?
自分の健康状態を鑑みたんです。アイスショーのツアーで周っている間に、トロントで1人のフィジオテラピストと出会いました。4月の終わり、5月の初めごろでした。彼女の処置がとても役に立ちました。その後も僕は彼女の処置を続けることができました。"もし私が必要なら、その場に行くわよ"と彼女は言ってくれました。6月に彼女に再会しました。このような解決法を見つけてくれたのは彼女です。

彼女はどのようにしてあなたの健康を改善したのか教えてもらえますか?
彼女は最初に、ケガを治すための魔法の杖は持っていない、と言いました。ストレッチと筋力アップのための練習をしています。それに、内転筋にかける負担を少なくするスケート靴の位置も見つけました。競技から引退した原因は、この内転筋の問題だったのです。

それでは、たとえばスイススケート連盟(USP)や国際スケート連盟(ISU)からの影響は受けなかったのですか?
正直に言うとありません。僕は自分で選んだ道を歩んでいます。復帰の決断をしたのは、僕自身です。身体的には健康であることが必要でした。自分の体が、今後の人生でもより強い状態であると感じたかったのです。去年の12月から、長年のフィジカル・トレーナーのMajda Scharlとローザンヌで練習していました。去年の冬から今日まで、たくさんのショーに参加しました。体調を整えていなければならなかったし、質の高いプログラムを演じなければならなかったのです。

あなたのケガは、今ではコントロールできる状態なのでしょうか?
はい、これまでやってきたことのおかげで。去年の夏には、週に2、3回しか練習できませんでした。今では、毎日練習ができるようになっていて、これが大きな違いです。やっと、今後の練習の計画を立てられるようになりました。

何週間か前に、(復帰のための)扉は開いている、とあなたは私たちに言いましたね。その上、自分の宿泊地を知らせるアンチドーピング・コントロールのプログラムはいまだに止めていない、とも言っていました。これらすべてのことは、いつの日か復帰するということと関連した、明らかなサインだったのではないのですか?
でも僕の引退は決定的なものだったんです。その件に関しては疑いはありませんでした。治療に専念しなければならない局面でした。その後、この出会いがあったのです。良い練習ができるようになったのは事実です。この改革は段階を追って成されました。一度も期限を設けませんでした。自分にプレッシャーはかけませんでした。自分のケガを治しました。時間をかけました。

せっかちな完璧主義者であるあなたとしては、時間をかけなければならないのは簡単ではなかったのではないですか?
はい、僕は辛抱強くなることを学びました(笑)。健康であることの価値やそれがいかに大事かということを知るためにね。健康があってこそ、毎日動き回ることができるんですから。(註:ランビエールは膝の筋にいくつも、特に靭帯に大きなケガを負っている。)自分のことだけを考えています。だれでもがその結論に達するでしょう。

復帰宣言の後、たくさんのメッセージを受けましたか?
確かにそう思います。僕のコンピュータの調子がちょっと悪くて、ネットにつながらなかったんです。電話ではよく話しました。(訳註:訂正しました。)

一時的にせよ、競技から引退すると決めた時、何が一番欠けていましたか?
練習する能力、練習です。以前は詳細に自問自答しました。体調はいいのか?何かまずいことはあるのか?と。今では違います。自分が前進できることがわかります。それに僕は試合が好きなんです。ずっと試合が好きだったんです。また試合に出られるということがうれしいです。

エフゲニー・プルシェンコ(トリノオリンピックの1位、ランビエールは2位)が試合に復帰するという決断は、あなたに影響を与えましたか?
いいえ。彼は彼の道を歩んでいるのです。僕は自分のやるべきことをやっているのです。彼とまた対戦するのは興味深いですね。また彼と戦う準備ができるのはうれしいですよ。

まもなく彼と対戦することに対する不安や恐れはありますか?
いいえ。どうして恐れなければならないのでしょう?慎重になって、自分の体の声を聞く以外は、特別な恐れはありません。カナダから戻ったら、ジュネーヴのPeter Grütter先生のところで練習します。

フリー・プログラムはタンゴですが、ショートは?
出来上がりつつあります。プログラムの骨格は間もなく出来るでしょう。いつものように、特別なキーポイントのあるクラシックを選びました。

では、あなたは4位になるために復帰したのではない・・・。
ええ。表彰台に乗るためになるために戻って来たのです。(訳註:訂正しました。)

by ciao_firenze | 2009-07-31 23:40 | フィギュアスケート

<< ランビエールのSPはウィリアム・テル   『大聖堂 果てしなき世界・下』 >>