<   2011年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

美食編・その3

懸賞 2011年 12月 21日 懸賞

パドヴァでの昼食は、現地在住の友人のお薦めのお店Osteria L'Anfora(Via dei Soncin 13)に行きました。
f0179663_2262624.jpg
ここは立ち飲み居酒屋で、ヴェネツィアのバーカロみたいなものでしょうか?(実際にヴェネツィアのバーカロには行ったことがありませんが)ワインをグラス1杯(3ユーロ以下!)から注文できるなかなかいい雰囲気のお店です。大きめのテーブルは相席です。

f0179663_2273168.jpg
Bicoli con Anitra alla Vicenzina この地方特有のbicoliという太めの短いパスタを鴨の肉で和えたヴィツェンツァ風の一品。お店お薦めの赤のハウスワインも頼みました。

f0179663_2271568.jpg
豆のスープの中にパスタが入ったPasta e Fagioli。以前両親がこの地方を旅行した時に食べたことがあるようですが、父は「パスタ入りの塩味の汁粉だ」という感想を述べたそうですが、確かに言い得て妙です。

ボローニャでの夕食はもう一軒、La Taverna di Roberto(Via San Vitale 9)は、ボローニャ大学にも近く、斜塔から放射状に伸びる道のうちの1本San Vitale通り沿いの雰囲気のいいお店。

f0179663_22364315.jpg
緑のラザニアのLasagne verde alla Bolognese。パルミジャーノもたっぷりかかっています。

f0179663_2237177.jpg
鴨の胸肉のオレンジソースPetto d'Anatra all'arancia。フレンチでもイタリアンでも、鴨肉にはネギならぬ、オレンジがセット。

f0179663_22373044.jpg
プリモとセコンドを1品ずつにしたので、ドルチェに突入。マスカルポーネはエスプレッソに合います。

f0179663_22374534.jpg
Torta di Riso。「お米のケーキ?」と興味津々でしたが、お米を使ったプリンのようなお菓子でおいしかったです。di Mamma di Robertoって言っていたので、お店のオーナー?ロベルトのマンマの特製レシピなんでしょうね。
[PR]

by ciao_firenze | 2011-12-21 22:51 | 旅行

美食編・その2

懸賞 2011年 12月 03日 懸賞

そこはかとなくおフランスの香りが漂う小じゃれた町パルマも美食の町。お昼は店頭に生ハムが固まりでつるされているLa Table(Via Mistrali N.3/B)でいただきました。

f0179663_22463488.jpg
Risotto agli Asparaghiアスパラのリゾット。本場のパルミジャーノをたっぷりとかけて。

f0179663_22474296.jpg
Tortelli di Zuccaカボチャのトルテッリ。ほんのり甘いカボチャがパスタの中に入っています。こちらもパルミジャーノたっぷり。

f0179663_22492243.jpg
Spezzatino con Patate子牛肉をぶつ切りにした煮込みのじゃがいも添え。肉がトロトロにコンビーフ状になったコクのある味付けでした。

チーズもたっぷりのコクのあるお昼だったので、当然のように夜は軽めに。ボローニャの宿泊ホテルの近くのTrattoria-Pizzeria La Mela(Via de' Fusari 5)で、気楽にピッツァを食べました。

f0179663_230199.jpg
Zuppa di Verduraホッとするシンプルな味付けの野菜スープ。これでも半人前です。

f0179663_231397.jpg
この旅唯一のピッツァは生ハム、アスパラ、アーティチョークのQuattro Stagione。半分でこの大きさ。

f0179663_2324958.jpg
食事を軽めにしたら、ドルチェの出番。レモンのケーキはスポンジがお酒漬け。ベリー添えチョコレートケーキは濃厚な味で、エスプレッソがよく合いました。
[PR]

by ciao_firenze | 2011-12-03 23:06 | 旅行