カテゴリ:ウォーキング( 11 )

懸賞 懸賞

鎌倉天園ウォーク - 朝比奈切通ルート -

懸賞 2011年 01月 10日 懸賞

今日は正確には天園茶屋の下までしか行っていないので、タイトルに偽りあり、ですが。

いつものように天園茶屋への道をたどり、茶屋の下から相武尾根道へと入って、鎌倉霊園への道筋をたどりました。こちらのルートは初めてですが、結構倒木がありました。横浜市内の森林の管理は行き届いていることから、かなり最近の大雨や強風による倒木だと思われます。
f0179663_16442829.jpg
こちらのルートにも小さな切通がいくつかあり、いい雰囲気の道をたどっていくと、鎌倉霊園の敷地の中に出ました。

広大な霊園内をただ太刀洗の門へと向かってもよかったのですが、寒風が吹きすさび、かなり寒かったので、霊園内の送電線の鉄塔の立っているこんもりした高みの中にある古い道も通ってみました。
鎌倉霊園が造られる以前からあった古い尾根道で、大正時代までは十二所地区から金沢地区まで、木炭などを馬に積んで運んだ道だったそうです。
横浜市の古い地図を見ると、鎌倉市と横浜市の市境の辺り一帯は、昭和40年代初頭までは相当山深い地域でした。付近が開発されるまでは、尾根や谷戸を越える生活道路が縦横に巡らされていたのでしょう。

そんなことを思いながら、鎌倉霊園の正面太刀洗門から出て、十二所地区へ。つい先週来たばかりですが、朝比奈切通に向かいました。
お正月休みだった先週とは違って人通りも少なく、気温もぐっと下がって、ほとんど日の当たらない道は冷え切っていました。獅子舞地区と並び、鎌倉最大の秘境です。

f0179663_1655259.jpg
太刀洗川沿いの崖の上に、四角い穴がいくつも並んでいます。かなり大きなやぐら群です。前回、藪を上って近くまで行ってみましたが、さらに高い位置にあって中を覗くことはできませんでした。
f0179663_170971.jpg
1183年頼朝への謀反を企んだ上総介広常を暗殺した梶原景時が血糊のついた太刀を洗ったという太刀洗水。鎌倉五名水の一つ。
f0179663_17915100.jpg
朝比奈切通を造ったという伝説の朝比奈三郎義秀に由来する三郎の滝。
f0179663_17113125.jpg
上り始めのころは、道の両側を沢水が流れています。
f0179663_171268.jpg
やがて岩盤状の道全体に滲み出した水が流れるようになります。
f0179663_17142863.jpg
10日以上雨が降っていないのに、相当濡れていて足場の悪い坂道となります。
f0179663_17154362.jpg
昼なお暗い大切通はスケールの大きさに圧倒されます。
f0179663_17194324.jpg
切通の崖には磨崖仏が彫られています。道筋には他にも地蔵や石仏、江戸時代の道路改修の石碑などが随所にあり、鎌倉から金沢・六浦方面に抜けるメインルートだった往時がしのばれます。

この後は、熊野神社分岐からの山道を、横浜横須賀道路の車の音を下に聞きながら(横横がちょうど真下でトンネルになっている)進み、古い小さな祠なども見ながら東朝比奈の畑地に出ました。

今日のコース
天園下→鎌倉霊園→霊園内古道→十二所太刀洗→朝比奈切通→熊野神社分岐→小祠→朝比奈バス停(約12,000歩120分)
[PR]

by ciao_firenze | 2011-01-10 17:40 | ウォーキング

鎌倉天園ウォーク - 獅子舞ルート -

懸賞 2011年 01月 09日 懸賞

今日は獅子舞の谷の往復でした。
が、いわゆる一般的なハイキングコースではなく、以前から気になっていた脇道を踏破するのが主な目的です。

天園から大平山までは、通常のルートを通りましたが、大平山を越えてからはこちらのコースの獅子舞の谷筋へ下りる道を探しました。

大平山から4分ほどの小さい尾根に分かれていく踏み後はすぐにわかったのですが、谷筋への下り口がわからず、途中まで落ち葉を踏み分けて5分ほど下りて行ったら、前も右も左も崖、というところに行き当たってしまいました。仕方がないので、一旦最初の小尾根への踏み後入り口まで戻りました。

サイトの説明をよく見ながら「P2」と書かれた赤い杭を見つけ出してから、笹竹が生い茂る道を下り始めました。落ち葉の量が半端ないため足元も滑りやすい上に、サイトに書いてあるほどは道筋が明瞭ではありませんでした。もちろん、他のハイカーとすれ違うどころか、人の声もまったくしないため、かなり心細くなりました。

が、サイトに書いてある通りにコンクリート製の短い境界杭は続いており、やがて2回の「赤い杭」のある合流地点に到達してほっとしたら
f0179663_17155226.jpg
ちゃんと天園からのメインルートに合流しました。
この道は夏場は藪が深くなり、おそらく通行は不可能だと思われますが、これほどの道を見つけ出し、さらにはどこに続くか確認したサイトの管理人さんはすばらしい。

5日前に来たばかりですが、獅子舞地区は二階堂川の源流の沢が流れていて、深山の趣です。今日はハイカーが多かったですが、それでも落ち着いた風景が広がっていました。
f0179663_1717507.jpg
f0179663_1718044.jpg
f0179663_17181131.jpg

瑞泉寺か覚園寺に出るつもりで一旦谷を出ましたが、この獅子舞ルートを上がったことはなかったので、回れ右をしてそのまま戻りました。
f0179663_17225322.jpg
f0179663_1723638.jpg
湿った沢沿いの道をたどって行き、やがて一気に谷から天園まで上りました。距離は短くてもこれはかなりきつい勾配でした。

帰路は自宅直近まで山道をたどりました。ここは旧武蔵野国と相模の国との国境の尾根道です。
f0179663_17261754.jpg
f0179663_17263259.jpg
天園を越えて横浜市内域に入ってからも、小さな切通やオーバーハングがあり、なかなか面白い道です。
自宅付近の様子から、ごく最近に「市民の森」ハイキングコース用に整備した新しい道なのかと思っていましたが、江戸時代には「峯道」と呼ばれ、今の磯子区の峰町にある護念寺で行われる「峯のお灸」目当ての参拝者たちが、鎌倉から頻繁に通ったというかなり歴史のある道だったと知り、びっくりです。

さらにところどころで見つけたコース脇の踏み跡に入ってみると、切通の上の尾根道となっていることがわかったりして、なかなか興味深かったです。
本道に戻ったり、途中で崖に当たって消えてしまう踏み跡もあるのですが、今日は1本、明らかに鎌倉霊園方面に下りて行くと思われる道を発見したので、近いうちの探索予定に入れたところです。

今日のコース
自宅→天園→大平山→獅子舞谷筋道→二階堂東電送電所→獅子舞→天園→市境広場→武相国境尾根道→自宅(約14,000歩130分)
[PR]

by ciao_firenze | 2011-01-09 17:59 | ウォーキング

鎌倉天園ウォーク - 明王院ルート -

懸賞 2011年 01月 09日 懸賞

今日は天園から金沢街道沿いの十二所にある明王院へと下りました。
f0179663_2339759.jpg
天園茶屋から瑞泉寺方面に向かって進みます。貝吹地蔵の付近は、このような小さな切通があり、古道の雰囲気満点です。

この先、左手に大きなやぐらを見た後、ハイキングコースの道端に「文政十二年丑正月吉辰」「瑞泉寺山内 従是右 北条家御一門御廟所道」「領主 黒川惣助」という石碑があります。左手に延びる脇道を行くと、いくつもの立派なやぐらがありました。ここは、元弘3年(1333年)に新田義貞に攻められた北条高時一門の墓と言われる「北条首やぐら群」と呼ばれています。(暗すぎて写真はうまく撮れませんでした。)

瑞泉寺までのメインルートは、三連休の初日とあってかなりたくさんの人が歩いていましたが、その先「浄明寺・明王院方面」へのルートをたどる人は一人もいませんでした。

f0179663_23515666.jpg
両側を高い笹竹に覆われて見通しが悪い小道を進んで行くと、コースの左手にはこのような深い谷が。倒木がゴロゴロしていて、あまり手入れが行き届いていない感じです。

f0179663_23541056.jpg
その後、浄明寺の住宅地が木の間から見えるような所まで下りてくると、わりと歩きやすい道になりました。
石の祠と鳥居のある神社?(弁財天を祀ってあるらしい)や石造の多重塔がありましたが、地図にも何も書いてありません。しかしこちらのサイトによると、大江広元の墓と伝えられているものだそうです。

f0179663_059595.jpg
明王院は、鎌倉幕府四代将軍藤原頼経によって創建された風情あふれる茅葺の祈願寺。

この後、金沢街道を鶴岡八幡宮方面に戻りつつ、釈迦堂切通まで足を延ばしました。三代執権の北条泰時が父の義時の菩提を弔うために釈迦堂を建てたため、このあたり一帯は釈迦堂ヶ谷(しゃかどうがやつ)と呼ばれていますが、実際にはこの谷のどこに釈迦堂があったのかは不明だそうです。
f0179663_121459.jpg
この切通は、鎌倉時代、浄明寺の屋敷町から、大町・名越の商業地区を結ぶために造られたもの。
ここが鎌倉か?と目を疑うような立派な洞門で、現在も浄明寺と名越をつなぐ道ですが、残念ながら昨年2010年4月の大雨による落石のために、現在全面通行止めとなっています。

洞門付近やその上部にはやぐら群がたくさんあるそうですが、私有地である上、崩落の危険があるために、一般には公開されていないそうです。詳しくはこちらのサイトをご覧ください。

今日のコース
自宅→天園→貝吹地蔵→北条首やぐら群→明王院→釈迦堂切通し→鶴岡八幡宮→鎌倉駅→電車→自宅
(約14,000歩130分)
[PR]

by ciao_firenze | 2011-01-09 00:01 | ウォーキング

鎌倉天園ウォーク - 獅子舞・覚園寺ルート -

懸賞 2011年 01月 04日 懸賞

今日はデジカメ持参。二階堂川源流の獅子舞の谷へ、昨日見つけた脇道から下りて行きました。
f0179663_21262893.jpg
天園休憩所から相模湾を遠望。今日の海は穏やかでした。左の煙突は名越の焼却場、右手木の枝にちょうど隠れている所が稲村ガ崎。
f0179663_21293973.jpg
休憩所下から瑞泉寺方面への道を進み、しばらく行った先を右折すると、崖伝いに上がったり下がったりしながら細い道が谷へと続いています。

最終的には二階堂川の源流の沢を渡り、天園から下りてくるメインのハイキングコースに合流しました。木橋をいくつも渡って行くこのコースは、とても静かで自然にあふれています。「獅子舞」と言われるこのあたりは紅葉の名所なのですが、2週間前に初めて訪れた時には残念ながらほとんどが散ってしまっていました。
f0179663_21432366.jpg
f0179663_21433674.jpg
ここ数日は雨も降っていないのに、道はかなり湿気た岩場なので足元注意。
f0179663_214631100.jpg
沢の水も徐々に増え、段々に小さな滝壺ができている姿は、プチ龍頭の滝状態。

この後、住宅街を通って永福寺(ようふくじ)跡の角を右折し、鎌倉宮でちょっと休憩。三が日を過ぎていたのでそれほど混雑していませんでしたが、初詣の人たちで賑わっていました。

鎌倉宮から覚園寺方面へ進み、またハイキングコースへと上っていきました。
f0179663_21532310.jpg
コースに入ってすぐの左手上の崖にあるやぐら群。中には何もありませんでした。
f0179663_21542161.jpg
コース途中の小さな切通の右崖上にあるやぐら。五輪塔がいくつも収められている立派なものです。
f0179663_21553599.jpg
天園ハイキングコースのメインルートの直下にある「百八やぐら」。中が空っぽのものもありますが、五輪塔や仏像が納められているものもたくさんあります。半分土に埋もれてしまっているものもあり、この周辺には実際には108どころか200ぐらいのやぐらがあるとも言われているそうです。
f0179663_21585764.jpg
石が磨り減った小さな切通が随所にあり、古道気分満点です。

今日のコース
自宅→天園→六国峠→谷へ下りる脇道を通って獅子舞→亀ヶ渕→鎌倉宮→覚園寺手前庚申塔→百八やぐら→大平山→天園→自宅(約14,000歩130分)
[PR]

by ciao_firenze | 2011-01-04 22:09 | ウォーキング

2011年歩き初め

懸賞 2011年 01月 03日 懸賞

元日、2日は簡単に作った御節を食べてからそれぞれの実家に出かけて、近所の神社に初詣、昼食抜きで晩御飯のみ、という生活が続きました。
毎度のことながら、御節は味が濃いからのどが渇いてまいりますね。
たった2日でもいつもの半分ぐらいしか歩かなかったので、どうも気分が爽快にならず、今日3日が2011年の歩き初めとなりました。

平日は自宅付近の住宅街を中心に歩いていますが、昨年10月以来、週末には自宅付近の横浜市民の森、特に円海山周辺を歩き回っています。ここにはいくつもの市民の森があり、道も整備されていて歩きやすい上、アップダウンも激しくて、かなりの近場の割りに運動量が多くてお気に入りです。

そうこうしているうちに、尾根続きで鎌倉天園コースにも足を延ばすようになりました。
天園の茶屋までは、家の裏山を登るよりも、対面の住宅街から入って行く方が早いことも判明。
鎌倉の古道物語というサイトも見つけて、ハイキングコースを参照しつつ、これまでのところ、北鎌倉の建長寺の半僧坊、二階堂の覚園寺近く、獅子舞、瑞泉寺脇へと下りていくメインのルートは踏破しました。

今日は初詣に賑わう鎌倉宮でも覗いてくるか、と天園から瑞泉寺に下りようとしたところ、天台山の貝吹地蔵近くに踏み分け道のような道を見つけて、狭い谷を下りていきました。
途中、倒木をくぐったり、沢横の道幅30cmほどの道を進んで行くと、鎌倉でも最古のやぐら(鎌倉時代の身分の高い武士らの横穴式の墓)と言われる「お塔の窪やぐら」を見ることができました。
メインのハイキングコースには結構人が歩いていましたが、この谷は私たち以外人っ子一人いません。聞こえてくるのは沢を流れる水の音とリスや野鳥の鳴き声のみ。
そんな静寂の中にうがたれた立派なやぐらは不思議な雰囲気を醸し出していました。
その後、沢にかかる丸木の一本橋に呆然とし、沢を渡ったり、湿地を踏み分けたりしながら、住宅街に出てみたら、十二所の馬場ヶ谷(ばんばがやつ)を下り切ったことが判明。

鎌倉宮とは全然方向違いになって自宅方面に戻りつつありましたが、ここまで来たからには、と、鎌倉七口と言われる鎌倉の古道のうちの王者朝比奈切通を通ってきました。鎌倉時代、鎌倉から当時の外港であった金沢六浦に向ける幹線であり、その後も昭和31年まで実際に使われていた古道です。
想像を絶する雄大な切通と山深さに圧倒されたの一言です。道の両脇は沢の水が流れて常に湿気ており、切通の崖には数々のやぐらや地蔵、石碑などがあり、歴史を感じる道です。

最後は県道に出て、自宅のある住宅街まで行くバスに乗ったら15分で着いてしまいました。

自宅からあまりに近いので、いつものウォーキングの延長のつもりで500mlペットボトル1本のみで一銭も持たずに(爆)歩き始めた鎌倉のハイキングコースですが、最近はちょっとした着替えやスイカ、小銭も持って歩いています。

しかし、もはや歩き中毒(通称アル中)の私は、普段通りできるだけ体に負荷をかけたくて、アップダウンのある道でもいかに速く歩くか、が第一優先になりがち。木の根、岩、積もった落ち葉などの足場の悪い中でも、ハイキングというよりもかなりのスピードで歩いており、時々トレイルランニングをしている人には抜かれますが、歩いている人には抜かれたためしがありません^^;
この時期だというのに、天園の峠の茶屋に着く頃には長袖1枚にウィンドブレーカーでも大汗です。初夏以降は暑すぎてこのコースにこのペースは無理っぽい。
その上、冬場は木々の葉も落ちて山が明るくなり、藪も枯れているので、メインルートだけでなく普段は人通りの少ない踏み分け道もよくわかって入って行けます。メインルート以外にも、まだまだ気になる脇道を何本か見つけており、それらがどこに下りていくのかにも興味もあります。蚊やスズメバチ、マムシなどの心配もなくて鎌倉の山道歩きには今が絶好の季節のようです。

そんなわけで、ケータイは持参しているのに写真を撮る余裕がありませんでした。あまりにもったいないので、明日からは里山歩きの時にはデジカメを持って歩きます。


今日のコース
自宅→天園茶屋→六国峠→天台山→貝吹地蔵→お塔の窪やぐら→馬場ヶ谷→十二所→太刀洗→朝比奈切通→バスで帰宅(約13,000歩120分)
[PR]

by ciao_firenze | 2011-01-03 19:16 | ウォーキング

ウォーキング1年報告

懸賞 2010年 08月 23日 懸賞

暦の上では暑さが一段落する「処暑」でしたが、今日もまた猛烈に暑かった(>_<)しかも8月一杯はまだ厳しい残暑が続くようで、今年は秋の訪れが遅い、と聞いただけでうんざりです。

さて、こんな暑い毎日ですが、去年の8月のカリフォルニア旅行で食べまくった自分の写真を見て愕然とし、一念発起して始めたウォーキング、ついに丸1年を超えました!基本的に雨や相当の悪天候、そしてどうしても時間が取れない日は除いて、最初は1日8,000歩、その後10,000歩、そして現在は12,000歩以上、約10kmの距離を時速5kmぐらいの速歩でほぼ毎日歩き続けています。
コースは自宅近所の住宅地の周回ですが、アップダウンが激しくて、慣れるまではかなり足腰にきました。

歩数にして400万歩強、距離は2,800km弱。歩数計の地図アプリケーションでは東京を出発して北上して東北、北海道、南下して北陸、中部、近畿の県庁所在地を回って、今、広島まであと30kmぐらいのところまで到達しています。
この間、シューズは5足履き潰し、現在6足目です。

肝心の成果の方は、体重マイナス5kg~6kg、体脂肪マイナス7%~8%、腹囲マイナス10cm~12cm、といったところです。腰周り、肩、背中がすっきりして体全体が薄くなりました。
昨年入らなくなっていたスカートがブカブカになり、「別に外見は変わらないじゃん」と半年以上言っていた家人にも「明らかに痩せたよ」と言われます。
だがしかし、一番痩せたのは胸!貧乳どころか虚乳化が一層進みました(爆)。そして、ふくらはぎが筋肉ムキムキのボーリングのピンのように・・・。
腹囲は10cmも減って、ウェストもすっきりしたとはいえ、やっぱりまだまだお腹は気になります。
大腰筋サポーターは、夏場も短パンの下に履いています。薄手とはいえ、すごく暑いですが、腰痛などはすっかりなくなり、体のゆがみも治ったような気がします。

1年振り返ると、歩き始めた最初の4ヶ月ぐらいですぐに2kg減りましたが、寒風吹きすさぶ真冬の1月から春先の4月までの4ヶ月はほぼ横ばい。しかし、5月以降、気温の上昇と共に減量ペースが上がり、特に7月、8月はガクンと減りました。やっぱりこの夏場が効いたようです。

熱中症が怖いので、夕方から薄暗くなるぐらいまでの時間帯に出ていますが、それでも30℃以上が当たり前の毎日。吸汗、速乾素材のシャツと短パンに長いタオルを首からかけて、2倍に薄めたスポーツドリンクを500ml、最近は塩飴を舐めながら歩いています。
連日これだけ暑いと、1日中クーラーの効いた部屋に篭っているとなんだかおかしくなりそうですが、1日1回ドバーッと信じられないぐらい汗をかいて帰宅した後に入るぬるいお風呂はこの世の極楽です。

最初のうちは「まだ5,000歩しか歩いていない」とか「成果が一向に出ない」とか、いろいろ気にしていましたが、だんだん細かいことはどうでもよくなってきて、どんなに寒くても暑くても、もはや歩きに行かないと落ち着かなくなって、まさに歩き中毒、「アルチュー」状態。歩いていると脳内に何か快感物質でも出てくるのかしら?それで結果的に数字が後からついてきた、という感じです。

食事コントロールは一切していませんが、だらだらお菓子を食べ続けることはなくなり、帰宅後にほしくなる塩気のお菓子もポテチはやめておせんべいにしています。
帰宅後は塩味があまり感じられないような気がします。そして短時間に水分をかなり取っているのに、トイレには行きたくなりません。やはり相当塩分と水分が抜けるんですね。

そして、家の周りの住宅地の奥にも、かなり広い畑があることを知りました。百合、ひまわりも終わり、もうすぐ収穫の時期でしょうか。夕方のある時間を過ぎると、滝のように降っていた蝉の鳴き声がパッタリと止まり、畑からは虫の鳴き声が大きく響くようになってきました。

でもやっぱり暑いのよりは寒い方が断然楽です。早く涼しくならないかなぁ。
[PR]

by ciao_firenze | 2010-08-23 23:03 | ウォーキング

ウォーキング5ヶ月報告

懸賞 2010年 02月 01日 懸賞

冬物バーゲンシーズンも大体今日で終わり。通常はあまりセールだからといってたくさん買う方ではないのですが、今年の戦利品といえば、吸汗・速乾性ポリエステルの七分袖ジョギングウェア2着、大腰筋インナーマッスル強化スパッツ2着、そしてNikeの新しいジョギングシューズと、すべてウォーキング用品でした。

大体1,000歩7分あまり歩くと、どんなに寒い日でも体が温まってきます。吸汗・速乾性のジョギングウェアは、その名のとおり汗の吸収と乾燥が速いので、汗をかいても綿のTシャツのように体が冷えることがありません。このシャツを着ていれば、暖かめの昼間なら風除けの裏地なしのウィンドブレーカー1枚で十分。ちょっと冷える時は裏起毛のロングジャンパー、相当冷え込む日にはポリエステルの中綿入りの一見スキーウェアみたいなトレーニングウェアの上下を着ています。いずれにしても100分13,000歩歩けば汗だく。
それも背中と手首周りにかなり汗をかくので、七分袖というのがなかなか快適です。

大腰筋インナーマッスル強化スパッツというのは、骨盤と大腿骨をつなぐ大腰筋を強化するためのスパッツです。これを履いていればインナーマッスルを強くするので、正しい姿勢で歩け、下腹部のぽっこりをひっこめるらしい。実際のところの効き目はまだわかりませんが、腿を引き上げる時に負荷がかかるので、お尻の筋肉がいい感じに痛くなります。

9月に買ったジョギングシューズは、ウォーキングをやり始めの頃にはいろいろ悩みましたが、やっとなじんできたところでした。ところが、靴底がすでにしてかなり磨り減ってきたので、完全にいかれてしまう前にシューズを探さないと、ということに。
ジョギングシューズはモデルの入れ替わり期間が短いとは聞いていたのだけど、案の定、9月に購入した同じタイプはすでに販売終了。そこでできるだけ似たタイプのものを探して買いました。
試着しただけでは本当に問題がないかどうかはわからないので、今日はとりあえずインソールを入れて3,000歩ぐらい歩いてみました。1歩歩いただけで靴底のグリップが効いているのがよくわかりました。それほど今のシューズの底が磨り減っているということだわ。まだ新しいから固いのは仕方ないけど、早くなじむといいなぁ。

さて、ウォーキングも5ヶ月以上経ち、体重は8月末から比べて3kg~3.5kg減、体脂肪は6~7%減、腹囲は5cm減。どのスカートもブカブカになり、顔回りや肩、背中はかなりすっきりしました。ただ、ふくらはぎに筋肉がついちゃったようで、ブーツがちょっときついんですけど^^;
体重はあと2kgぐらい、体脂肪もあと2%、腹囲も5cm減らしたいけど、暑くなる前に目標達成が果たしてできるでしょうか。
[PR]

by ciao_firenze | 2010-02-01 00:15 | ウォーキング

ウォーキング3ヶ月報告

懸賞 2009年 11月 18日 懸賞

8/24から始めたウォーキングは今日で88日目。
総歩数106万5千歩強、スタート地点からの総距離約720km。東京を出発してから今青森を通過したあたりです。1日平均12,000歩、距離8kmということになり、我ながらよく歩いたものです。

最初のうちは右足の中指の付け根や脛が痛くなったり、ちょっとしたトラブルもありましたが、今は終日雨の日以外は毎日すいすい歩いています。ウォーキング開始前に両脚のストレッチや足首、膝の運動などをしているのも良いようです。終了後の入浴時にも脚の筋肉や筋をほぐしています。
中指の付け根の痛みの対策で買ったモートン病専用のインソールも、両脚のかかとの外側部分が磨り減ってクッションの中味が破れて出てきたので、今日から2代目に交換。

最初の1ヶ月、9月には体重も体脂肪もあっという間に減ってきたのに、10月は停滞期だったので、最近は運動強度を少し上げることを心がけています。距離も1日9~10kmに伸ばし、分速83m(時速4.98km)以上、大体時速5kmのスピードを出すことが目標です。そのため、ここ数日は相当冷えてきましたが、昼間の暖かい時間に歩ける時には、まだ半袖ポロシャツ、脛丈の夏物パンツで歩いてもかなり汗をかきます。

肝心の効果の方ですが、体重はマイナス1.5kg~2kg弱、体脂肪はマイナス2.5%~3%といったところ。今日の体脂肪は2年ぶりの数値でした。
見た目で明らかに痩せたのは首周り、肩、そして脚の付け根。手の甲や足の甲も骨ばってきた気がします。でも一番痩せてほしい腹囲は2cmも減っていない気が(T_T)とはいえ、一応胴体にくびれが戻り(笑)、ウェストは2cm減、スカートがゆるくなってきました。お腹周りは筋トレをやらないと引っ込まないらしいですけどねぇ。

ここまで続けられたのも、データをビジュアルに管理できる歩数計Pebのおかげが大きいです。
それと、所属健保のウォーキングプログラムに登録し、そこでは毎日のデータで登録者の順位が出ます。最初のうちは匿名希望でやっていましたが、ニックネームと年齢・性別を公開したら、自分と同じぐらいのペースで歩いている人たちの名前も次第に覚えて、ひそかにライバル意識を燃やしながら毎日歩くようになりました。これも良い刺激になっているようです。
ちなみに私のペースだと、大体1ヶ月で1,000人中200番台の前半といった感じ。
でも上位10人の人なんて、1日平均8万歩とか9万歩とか、一体普段どういう生活を送っているのかしらん?(@_@;)
[PR]

by ciao_firenze | 2009-11-18 17:45 | ウォーキング

ウォーキング1ヶ月報告

懸賞 2009年 09月 25日 懸賞

8/24から一念発起して始めたウォーキングも1ヶ月過ぎました。
ウォーキングでは1日10,000歩以上、普通の生活も含めて1日で合計12,000歩以上、平均時速5km/h以上で距離にして1日8kmは歩くことを目標にしました。
この間お休みしたのは、台風が来た日と、外出して時間が取れなかった2日の合計3日間のみ。
総合計歩数は34日間で413,000歩強、総合計距離は290km、バーチャル日本地図で東京を出発し、千葉、茨城、栃木を越え、もうすぐ福島に到達します。

最初のうちは右足の中指の骨が痛くなって大変でしたが、それもモートン病対策のインソールを入れたら解決。

またつい一昨日は、いつもの靴でいつもの距離を歩こうとしたのだけど、10分も歩いたら向こう脛の横の筋肉がバキバキに張り、通常のコースの半分でリタイアというトラブルに見舞われました。
昨日の朝も同じ症状になったのだけど、調べてみたところ、どうやら向こう脛の横の前脛骨筋に負担がかかっているらしいとのこと。特に下り坂で、無意識のうちにかかと着地ではなく、つま先の方から着地してしまったり、そこにねじりの運動が加わると、前脛骨筋があっという間に張ってしまって歩けなくなる、とのことでした。

前脛骨筋は、足首を持ち上げる大事な機能があり、ここが衰えるとどこかに引っかかったりつまづいたりしやすくなります。
普段のウォーキングでも意識してかかと着地をしていれば前脛骨筋を鍛えることができ、足を引きずったり、すり足になったりすることがなくなるようです。
お昼過ぎにかかと着地を意識してゆっくり歩き始めたら、今度は大丈夫で、通常コースをクリアできました。
とにかく、中指の骨を傷めないためにも、前脛骨筋を鍛えるためにも、トラブルなくスムーズにすいすい歩くためには、かかと着地が大原則!ということを改めて肝に銘じたというわけです。

で、肝心のウォーキングの効果ですが、体脂肪はマイナス3%、体重はマイナス1kg~1.5kg、腹囲もマイナス1cmと、目に見える結果が出ました!
体重も腹囲もまだまだこれじゃあ誤差の範囲にも思えますが、普通に食べた後でも1ヶ月前の体重よりも少なくとも1kgは明らかにマイナスですし、たらふく食べた後でも、1ヶ月前の体重には戻らなくなりました。
グラフや地図で、日々の結果が目に見える歩数計のおかげがかなり大きいです。
まだまだ目標到達まではありますが、毎日楽しく歩けたらいいな。
[PR]

by ciao_firenze | 2009-09-25 13:06 | ウォーキング

歩き方の問題

懸賞 2009年 09月 09日 懸賞

ウォーキングの時に右足の中指の付け根が痛くなることについて、いろいろと調べた結果、自分の歩き方にも問題があるのでは、と気づきました。
ウォーキングの時には、「かかとで着地し、親指で蹴り上げる」というのが基本ですが、かかとで着地するようには気にしていましたが、蹴り上げの時はなんとなく全体の足の指で蹴っていたような・・・。
特にかかとからすぐに足の裏全体でベタっと着地しているような感じで、その感覚は右足が顕著だったように思えます。実際、履き潰したシューズは、右足だけ中指から外側がすごく磨り減っていました。どうも親指で蹴り上げていなかったのではないかしらん?

そこで、昨日は特に「親指で蹴り上げる」ことを意識しながら一昨日と同じ8km歩いたら、相変わらず右足の裏がちょっと痺れるような感覚は出ましたが、中指の付け根の痛みまでは出なくて済みました。

そうこうするうちに、今日、対策用のインソールが到着したので早速装着。
中指と薬指の間に神経が挟まれて痛くなることを防ぐよう、その部分をサポートするアーチパッドがついています。「親指蹴り上げ」も意識して歩いたせいか、痛みや痺れる感覚はほとんど出ませんでした。

この調子でうまく歩き続けられるといいのですが。
[PR]

by ciao_firenze | 2009-09-09 18:41 | ウォーキング