"Inzaghi、灯台を再び見つける" インザーギインタビュー@Gazzetta

懸賞 2008年 11月 20日 懸賞

ゴールゲッターには、なすべきこと、実現すべき計画がたくさんある。しかし急ぐ必要はない。
かつてもう少し若かったころ、Pippo Inzaghiは、何かが彼から逃げていってしまうのを恐れるかのように進んでいた。より成熟した今、彼はゆったりと落ち着いて楽しさをかみしめている。
「今望んでいるのは、Milanでスクデットを取ることだ。このクラブではとてもうまくいっているから、目標達成に僕の力を貸せるといいんだけど。それから、プロとして300ゴールを達成できたら、本当にうれしいだろうね」

今のところは293ゴールを上げている。
「でもそのことは考えないことにするよ。来るべき時が来たら300ゴールに到達するはずだ。落ち着いて、急ぐことはないね」

昨晩Pippoは、MilanのスポンサーであるBwinが主催する«Poker d'assi»のパーティーに出席した。そこでは、Milanの公式サイトの企画によるMilan-Sampdoria戦で選手たちが使用したシャツを慈善オークションにかけたのだ。
このオークションによって19,000ユーロ近くが集まり、すべての利益はFondazione Milanに委譲され、MilanoのBuzzi病院における小児血液異常の検査と治療のための高度専門医療センターの設立の費用に当てられた。
Kakàのシャツには、このオークションの最高値4,027ユーロをAdriano Gallianiが支払った。クラブとFondazione Milanは人道的な責任を確認するすばらしい夜となった。Pippo は22:40ごろに到着し、すぐに帰って行った。この1週間、1度も時間を狂わせることはなかった。

当然、サッカーのことも話題になった。Inter対Juveについて。
「とても拮抗した試合になるだろう。Interは首位だが、Juveも敏速だ。以前、Juveもあっという間にスクデット争いに絡んでくるだろうと僕は言ったが、間違いではなかったね。僕たちとしては引き分けが望ましい。そしてTorinoでは勝ちを狙っていく」

日曜日の遅い試合で、Anchelottiが言うように、Milanはアウェイの方が得意だということを、Milanは実証しなければならない。
「今のところ僕たちはリーグ戦をうまく戦っているけど、集中力を維持しなければならない。今シーズンは勢力の拮抗が顕著だし、1試合1試合に罠が潜んでいるからだ」

Pirloの復帰は貴重なものとなるだろう。
「彼は根本的な、なくてはならない選手だ。彼と一緒なら、誰もがうまくプレーできる。でもAndreaは世界に2人といない。彼の流麗なプレーが、試合の流れを遅くしたり速くしたりすることを決定している。Pirloが戻ってくれば、僕たちは灯台を再び見つけることになるんだ」

ほとんどすべての試合を夜に行うチームにとっては、灯台はとても重要だ。ゴールゲッターの重要さに匹敵するぐらいに。

G.B. Oliveiro/081120 La Gazzetta dello Sport
[PR]

by ciao_firenze | 2008-11-20 18:24 | サッカー

<< Inzaghi、Alessia...   ランビエール、アイスホッケーの... >>