Inaghi、現役引退、MilanのU-16チームの監督へ

懸賞 2012年 07月 25日 懸賞

去就が注目されていたFilippo Inzaghiは、7/24にMilanのクラブ本部で記者会見を開き、現役を引退し、MilanのU-16チームの監督として2年間の契約を結んだことを発表しました。
以下、7/25付けLa Gazzetta dello SportのVincenzo D'Angelo記者による記事の翻訳です。


感動と憂愁。Pippo Inzaghiは現役生活に別れを告げたが、Milanとの決別ではなく、むしろそこから新たなプロフェッショナルとしての人生を始める。昨日7/24から2014年までの契約で、MilanのU-16チームの監督となったのだ。

「幸せだよ。昨日まで自分がやってきたことは大好きだし、新たな冒険が始まるんだ。現役選手としてのオファーをしてくれた数々のクラブチームには感謝しているけど、Milanとの絆は持ち続けるべきだと思ったし、ここから僕の人生の新たな章が始まる」

16時28分にInzaghiはTurati通りのAC Milanの本部に現れた。白いシャツにジーンズ姿、サングラスは憂いを秘めた瞳を隠していた。そしてこれまでのこととこれからのことについての思いを語った。
「かつてはMilanでチャンピオンズリーグ優勝を夢見ていた。いまはAncelottiのようにMilanの監督としてCLで優勝することが夢だ。彼は僕のモデルとなるだろう」

San Siroでの最後の試合Novara戦に思いをはせると、瞳は再び輝いた。
「もし僕がシナリオを書くのなら、まさにこんな試合になるだろうね。ファンの目の前で現役最後のゴールを決める、という。現役生活でたくさん勝ってきたから、39歳近くになってまでもう骨を折る必要はなかったね。運命は僕にたくさんのものを与えてくれた。これ以上望むことはできない。
これは冷静に頭で考えた結論なんだけど、心で決めようとしたら、60歳になってもまだ引退したくなかっただろうね」


彼の公式Facebookでは503,000人のファンが、この新たな人生を応援している。
「若い子たちに教えることが僕の性格的には合っている。弟のSimoneはLazioのU-16チームでうまくやっている。彼らとリーグ優勝をかけたプレイオフで当たれたら最高だね」

これが監督という新たな冒険での最初の目標だ。
[PR]

by ciao_firenze | 2012-07-25 15:52 | サッカー

<< 映画『ローマ法王の休日』   帰国 >>