鎌倉天園ウォーク - 獅子舞・覚園寺ルート -

懸賞 2011年 01月 04日 懸賞

今日はデジカメ持参。二階堂川源流の獅子舞の谷へ、昨日見つけた脇道から下りて行きました。
f0179663_21262893.jpg
天園休憩所から相模湾を遠望。今日の海は穏やかでした。左の煙突は名越の焼却場、右手木の枝にちょうど隠れている所が稲村ガ崎。
f0179663_21293973.jpg
休憩所下から瑞泉寺方面への道を進み、しばらく行った先を右折すると、崖伝いに上がったり下がったりしながら細い道が谷へと続いています。

最終的には二階堂川の源流の沢を渡り、天園から下りてくるメインのハイキングコースに合流しました。木橋をいくつも渡って行くこのコースは、とても静かで自然にあふれています。「獅子舞」と言われるこのあたりは紅葉の名所なのですが、2週間前に初めて訪れた時には残念ながらほとんどが散ってしまっていました。
f0179663_21432366.jpg
f0179663_21433674.jpg
ここ数日は雨も降っていないのに、道はかなり湿気た岩場なので足元注意。
f0179663_214631100.jpg
沢の水も徐々に増え、段々に小さな滝壺ができている姿は、プチ龍頭の滝状態。

この後、住宅街を通って永福寺(ようふくじ)跡の角を右折し、鎌倉宮でちょっと休憩。三が日を過ぎていたのでそれほど混雑していませんでしたが、初詣の人たちで賑わっていました。

鎌倉宮から覚園寺方面へ進み、またハイキングコースへと上っていきました。
f0179663_21532310.jpg
コースに入ってすぐの左手上の崖にあるやぐら群。中には何もありませんでした。
f0179663_21542161.jpg
コース途中の小さな切通の右崖上にあるやぐら。五輪塔がいくつも収められている立派なものです。
f0179663_21553599.jpg
天園ハイキングコースのメインルートの直下にある「百八やぐら」。中が空っぽのものもありますが、五輪塔や仏像が納められているものもたくさんあります。半分土に埋もれてしまっているものもあり、この周辺には実際には108どころか200ぐらいのやぐらがあるとも言われているそうです。
f0179663_21585764.jpg
石が磨り減った小さな切通が随所にあり、古道気分満点です。

今日のコース
自宅→天園→六国峠→谷へ下りる脇道を通って獅子舞→亀ヶ渕→鎌倉宮→覚園寺手前庚申塔→百八やぐら→大平山→天園→自宅(約14,000歩130分)
[PR]

by ciao_firenze | 2011-01-04 22:09 | ウォーキング

<< 鎌倉天園ウォーク - 明王院ル...   2011年歩き初め >>