Dreams On Ice

懸賞 2009年 06月 21日 懸賞

今年も日本選手たちの壮行エキシビション、Dreams On Iceに行って来ました。
今回は今日6/21(日)の昼公演のみ。座席は西1階のS席1列目の80番台。新横浜ではなぜかこのあたりの位置かその真反対になることが多い。増設されたひな壇の上の特設椅子席なので、リンクも近く、高さもちょうど良く、北西角の位置のため、ジャンプを跳ぶ選手の様子もとても見やすい場所でお気に入りです。
今回は浅田真央、小塚崇彦、南里康晴選手が欠場、高橋大輔選手もまだいないので、ちょっと男子が淋しい感じ。
しかし、海外ゲストは男子のヴェルネル、ランビエール、ダンスのペシャラ/ブルザ、ペアのサフチェンコ/ソルコビーと、なかなか豪華。特にヴェルネルやサフ/ソルをアイスショーで生で見られるのは初めてなので、ラッキーでした。

以下、思いつくままに印象に残った選手の感想です。
女子ジュニアの村上佳菜子、今井遥は清楚で可憐。体も柔らかく、今のジュニアたちにとってはビールマンはデフォルトなんですねぇ。2人ともすくすくと育ってくれれば、美しいスケーターになることでしょう。
男子ジュニアでは、やはり羽生結弦が一番印象的。背もかなり伸び、髪形もキノコからちょっぴり変わって多少大人っぽくなったかな?ビールマンもまだ健在で、ジョニーのような華麗な路線を目指すのかと思っていたけど、ステップはプルシェンコ風味のところもあるし、背もまだ伸びそうなので、スケールの大きさも加わってくるかも。今後の成長がすごく楽しみです。

オープニングからエンディングまで、全員登場のシーンではまるで座長状態でノリノリのステファン。本人が楽しそうなのが何より。
そのステファンのプログラムは世界初公開の"Ne me quitte pas"。
ここ最近、フラメンコ、タンゴとラテン系の濃いプログムが続きましたが、今回は、去り行く恋人に対して「行かないで」という切ないシャンソン。
個人的には、わかりそうで全部はわからないフランス語の歌詞が妙に気になっちゃう(笑)。半端にわかるくらいなら、いっそのこと全然わからない方がBGMとして流せるのだけど。
それから友だちも言っていましたが、シャツについている小さなキラキラが気になりました。スパンコールよりも大きくまばらだけど、そうかといってすごく目立つわけでなく。ついでにパンツの横のラインが片脚にしか入っていないのと、ポケットの感じも微妙にロミオの時みたいだ、との感想。←私たちは一体何を見ているんでしょうね?(笑)
肝心のプログラムは、くねくね、くるくる、とステファンの本領発揮。でも爽やか系というよりは、ねっとりした感じのシャンソンだったかな。いや、色気がある、と言えばいいんでしょうけどね。まぁ、歌詞の内容からしたらそれも当然ですが。
スピンは相変わらず速くてきれいだけど、シットの位置があまり低くないし長くなかった。本人も言っているように、やはりまだスピンの時に痛みがあるのかなぁ。エレメンツを気にしなくて良くなったのだから、無理はしてほしくないですね。

日本のショー初登場のヴェルネルは、マイケル・ジャクソンのメドレー。体も大きいし、スピードも速いし、やはり世界の現役トップクラスの選手の貫禄でした。
ペシャラ/ブルザは、昨シーズンのFDのサーカスのプログラム。衣装もかわいいし、動きもかわいくて、何回見ても楽しいプログラムでした。
サフチェンコ/ソルコビーは、今季の新プログラム。2人とも顔を白く塗りたくり、ピエロの衣装。ファイエラ/スカリの昨季のプログラムを彷彿させるような、淋しげで悲しげなピエロを表情豊かに、しかも高い技術レベルで演じてくれたのは、さすがは2年連続世界チャンピオン。

長くなるのでここには書かなかった選手たちも、オリンピックシーズンとなる新シーズン入りを目前に控え、一生懸命滑っている姿を見せてもらえました。ケガで出場できなかった大ちゃんや南里くんも1日も早い復活を。

最後に、今回も現地でたくさんの方にお会いできました。また、急遽お昼をご一緒できた皆さん、ありがとうございました。
[PR]

by ciao_firenze | 2009-06-21 20:52 | フィギュアスケート

<< ピッポのバカンス@ミラノでお買い物   『銀河英雄伝説 3 千億の星、... >>